フラッシュ脱毛器に副作用はある?皮膚がんの可能性は?注意点は?

MENU

フラッシュ脱毛器に副作用はある?皮膚がんの可能性は?注意点は?

脱毛は安心なのか心配する人も多いはずです。
ここでは、フラッシュ脱毛器に副作用や注意点はあるのかを調査します!!

 

皮膚がんになるって本当!?

皮膚がん

フラッシュ脱毛をするにあたって、副作用があるのかどかという事が使用する方が一番心配なところですよね。
フラッシュ脱毛は強い光を皮膚にあてるので、皮膚がんになってしまうという事も噂としてあるようですが、フラッシュ脱毛の副作用による皮膚がんの恐れは今のところありません
皮膚がんは紫外線を多く浴びることによってがん細胞が出来やすいとされていますが、フラッシュ脱毛に関しては紫外線を使用していませんので、そもそもの光線の種類が違います。
また他の副作用があるのかどうかということも心配される人が多いと思いますが、今のところ他の副作用もありません。

 

注意すべきは〇〇!!

火傷

一番注意したい所は、火傷です。
強い光をあてて組織を破壊する際に、ほくろやシミのような黒いものに反能してしまいその部分に更に強い光をあてることとなり火傷をする可能性が高くなります。
これはレーザー脱毛にとっても同じメカニズムで同様です。
クリニックでのフラッシュ脱毛や医療機関でのレーザー脱毛でも同じ対策をとりますが、ちゃんとほくろやシミを保護し光をあてさえすれば火傷は防ぐ事ができますので安心しましょう。

 

もうひとつ注意すべきはこれ!!

乾燥

次に注意したい事は、肌の乾燥です。
火傷も同じことですが、皮膚に光をあててもともとお肌の中にある水分が蒸発し抜け出してしまう事になります。
フラッシュ脱毛後は必ず保湿の乳液等でしっかりと肌に潤いを与えてあげる事で皮膚の乾燥を防ぐ事ができますので、しっかり水分を与える事を忘れないようにしましょう。
また未然に火傷や乾燥を防ぐ為に、アイスノンや濡れタオルで肌を冷却しながら脱毛を行うようにしましょう。

 

以上の注意点に気をつけるようにすることが大切です。
使用方法を必ず正しく守り、ご家庭では安心安全にフラッシュ脱毛を行う事です。
説明書をしっかりと熟読することも大事ですし、安全に使用する為にもルールを守ってお肌をお手入れするようにしましょう。